行政書士講座の講師ブログ

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

今回は、質素倹約しながらもクリエイティブな話を書いてみたいと思います。
(なお、我ながら書いていても意味不明ですが、しばらくお付き合い下さい)

みなさんは、雑記帳というようなものをお持ちでしょうか?
例えば、その日に起こった出来事を記したり、思いついたアイディアを書き留めたり、買うべき物やtodoのリストを書いておくようなものです。
人によっては、手帳とかノートとかが該当するかもしれませんし、そもそも一つの手帳やノートではなく、それぞれ別の手帳やノートに分けて書いているという方もいらっしゃるかもしれません。

私の場合には、雑多な一日起こるすべての出来事や思いつきを、1冊のノートに書いていきます。
そして、必要に応じて、そのノートを下敷きにして、ワードやエクセルなどのファイルにまとめたりしています。
それなら、最初からワードやエクセルに書けば良いと思うかもしれませんが、即時性という意味では、アナログでノートとペンというのが良いと思っています。

そこで、このノートなのですが、実は私は裏紙を活用しています。
みなさんご存知だと思いますが、裏紙というのは、表面には印字があるが裏面が白いものです。
例えば、行政書士業務で申請書類を作成したけれども、内容に不備が見つかったので、不要になったものなどは、表面は印字がされているので、使用できませんが、裏面は白いままです。このような、不要な裏紙が仕事をしていると沢山でてきます。
また、書き損じたコピー用紙だけではなく、行政書士会からのお知らせの紙や、各種の打ち合わせ資料なども用件が終われば不要となる場合には、裏紙として活用できます。

大概の裏紙は、現在はA4サイズですので、これを事務所の裁断機等で、半分のA5版にして、2穴パンチで穴を開けます。
そして、これをA5の2穴ファイルにとじてノートとしています。
ちょっと貧乏くさいのですが、これの良いところは、そもそも裏紙ですので、なんの気兼ねもなく、どんどん書くことができるという点です。私は字が大きく綺麗ではないので、普通のノート等だと、なんだかもったいない気がするのです。
ちなみに、A4そのままのサイズで切らずに使用したこともあるのですが、それだと電車やカフェなどスペースが狭いところにはマッチしない気がして、半分のA5サイズにしています。

もし、お仕事で裏紙がよく出るという方は、試してみて下さい。

今回は、このへんで。

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

今回は、食事の大切さについて書きたいと思います。
皆さんもご承知だと思いますが、受験生活において食事はとても大切な要素です。
先に「受験生活において」と書きましたが、当然のことですが、受験生活だけではなく、普通に生活する上でもとても大切な要素になります。

ただ、食事が大切ということは理解できても、何をすべきかという点は人によって変わってくると思います。
私は、栄養学の専門家ではないので、「こうすべき」ということは書けないのですが、自分で実践してみて良かったことだけを体験談として書いてみたいと思います。

私が気をつけていることの1つ目は、食事の時間をずらさないということです。特に昼食の時間をなるべくずらさないことを守っています。私は、自営業者ですので、昼ご飯の時間というのは特に決まりはないのですが、なるべく昼の12時には昼食をとるようにしています。
以前は、あまり気にしていなかったのですが、そのときは、気がつくと午後の2時位になっていたりして、昼ご飯をあまりきちんと取れないということもありました。そうすると、やはり長い目で見ると作業効率も悪くなります。
人間は、適宜栄養補給をしないと、結局は効率が低下するということがわかってからは、時間で決めて食事をとることにしています。

次に、2つ目ですが、なるべく食品の産地や成分を気にするということです。食品は、体を作るものですので、体内に入るものには気をつけたいと思っています。私のような栄養学の素人が理解できることは、少ないかもしれませんが、それでも自分が食べるものについて興味をもち、できるだけ理解して摂取しようとしています。そして、こうすることで、自然と体調管理ができるようになりました。

以上、今回は、私なりの食事のルールを書いてみました。

今回は、このへんで。

FMラジオを聞いています

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

みなさんは、家にいるときにどんな媒体を視聴していますか?

なんだか、変な質問ですが、私は最近FMラジオを活用しています。
ちなみに、我が家はラジオの電波が悪いので、もっぱらラジコというアプリで聞いています。

私は、家事をするときや、暇なときに、テレビやネットではなく、あえてFMラジオをつけています。
(あえてFMラジオをつけるというのも、変な表現ですが…)

実は、FMラジオが良いと思ったのは、割と最近です。
私は、基本的にはテレビっ子で、これまでは仕事をしているとき以外はテレビをつけていることが多かったです。
そして、その次にネットが多かったように思います。
そんな私ですが、コロナで家にいる時間が増えたことにより、テレビやネットにはないFMラジオの魅力を見つけました。

もちろん、すでにFMラジオの魅力を存分にご存知な方が多いと思いますが、今回は、私なりに見つけたFMラジオの魅力を、2つほど書いてみたいと思います。

FMラジオの魅力その1:否定的な言説、批判的な言説などのネガティブな発信が少なく、必要な情報が多い
最近は、コロナの影響もあってか、テレビやネットには「否定的な言説、批判的な言説などのネガティブな発信」が多いように感じます。
このようなネガティブな発信を多く受けていると、個人的には、自分自身のメンタルも不安定になる気がします。このような発信に強い方は良いのですが、私自身は、あまり得意ではありません。
その点、FMラジオの場合には、あまり否定的・批判的な言説の発信が少ないように思います。
そして、私の生活に必要な情報である、天気予報や電車の運行情報、さらには交通情報なども頻繁に流してくれますので、個人的にはFMラジオがとても心地良く感じています。

FMラジオの魅力その2:活動を阻害しない
これは、個人的に気をつければ良いことなのですが、私の場合、テレビの場合には区切りのいいところまで視聴してしまう傾向があるので、次の動作が遅くなります。
例えば、これが終わったら仕事に取り掛かろうとか、家事を行おうという場合に、テレビだと画面を見ていないといけないと思ってしまい、ついついやるべきことよりも視聴を優先してしまいます。
しかし、ラジオだと、基本的には音声だけなので、画面を見ずとも、ラジオを流しながら家事等を行うことができます。
このように、時間を二重に使える点などが、私にとっては非常に魅力に感じています。

以上、最近私が発見したラジオの魅力を書いてみました。

今回は、このへんで。

某県庁にて

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

今回は、先日、私が遭遇した某県庁での出来事を書きたいと思います。

その日は、某県庁に出向き、書類の閲覧をしていました。
そして、閲覧した書類のコピーが欲しいと思い、担当の方にコピーが欲しい旨を伝えました。

そうしたら、その担当者が、私の顔を二度見して言いました。
担当者「コピー?」「できるけど、今日中には無理だよ。」
私「・・・・」。

担当者は、「ちょっと待っててね。」と言いつつ、奥に引っ込んで、もうひとりの担当者に事情を話している様子です。
そして、二人で協議した結果、その担当者がもう一度私に言いました。
「やっぱり、コピーは難しいと思う。」
私「・・・・」。

そして、さらに別の部屋に私を連れていき、そこにいた若い男性職員に事情を説明しました。
その後、その男性職員が、私のところに来て言いました。
「コピーですか?できますよ。」

私「・・・・」。

それから色々手続き等がありまして、結局、最初の私の質問から計算して30分くらいかけて、A4用紙2枚のコピーをもらうことができました。

今日も、平和な良い一日です。
頑張っていきましょう!

皆さん、こんにちは!

フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

すでにご存じの方も多いと思いますが、youtubeでの「条文を読む」シリーズが、おかげさまでご好評を頂いています。

今現在は、五十嵐講師が「民法を読む」をyoutubeにあげています。

このあとも、講師三人で力を合わせて、どんどんアップしていきたいと思っています。

条文を読むシリーズは、電車やスキマ時間の活用ツールとして、皆さんにご利用して頂きたいと思って作成しています。

これまで、「憲法を読む」からスタートして、行政法の分野から「行政手続法」、「行政代執行法」、「行政不服審査法」、「行政事件訴訟法」、「国家賠償法」とアップしてきました。

条文を確認することで、テキストに書かれている知識の根拠を知ることができるだけではなく、穴埋め問題や細かな知識問題にも対応できるようになります。

youtube動画なので、通勤や通学途中でも、テキストを広げるスペースがなくても学習できますし、途中で寝落ちしてしまっても、何度でも聞き直すことができます。

ぜひ、活用してくださいね。

今回は、このへんで。

皆さん、こんにちは!

フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

みなさんは、学習内容の好き嫌いがありますか?

私の場合は、問題を解くよりもテキストを読む方が、ストレスがなく好きです。問題を解くときには、たとえ正解できたとしても、その問題内容を読み解くこと自体に負荷を感じます。

他方、テキストを読むときには、たとえ記述や内容が難しくても、その事自体にはストレスをあまり感じません。

これは、あくまでも私個人の感覚なので、この区分けの内容には意味はないのですが、ポイントはこのあとです。

私は、両者のうち、苦手とする問題演習を、朝のうちとか、午前中とか、
なるべく早めに片付けます。

ポイントは、苦手なことは、一日のうちのなるべく早い段階でやっつけるということです。

やはり、一日を通して考えたときに、一番気力・体力が充実しているのは朝だと思います。

そこで、この一番力があるときに、自分が好きではない学習を片付けてしまうという作戦です。

私の場合、夕方以降は気力と体力が低下するので、そのときにあまり気乗りしない学習を行うのは、正直、気持ちの上で辛いと感じます。

そこで、夕方以降は、比較的好きな、ストレスの少ない学習を行うことで、なるべく負担感の無い学習生活を心がけています。

みなさんも、自分の好きなもしくは嫌いな勉強や科目等を見つけて、なるべく負担感の無い学習生活を実践してみて下さい。

けっこう、オススメですよ。

今回は、このへんで。